ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDの取り外し方(デスクトップ型)

HDDの取り外し方(デスクトップ型)について

 こちらのページでは、
HDDの取り外し方デスクトップ型についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

今回は一般的なミドルタワーのPCケースのハードディスクを取り外したいと思います。

 

まずパソコンのパーツを触るときの鉄則ですが、コンセントを抜いて電源を切っておきましょう!

PCケースの側面のパネルを取り外しますが、一般的に背面にネジがついています。

 

手回しで外せるものが多いです。

ネジを外すと側面のパネルを外すとことができます。

 

反対側も同様にして外します。

するとハードディスクが見えます。

 

PCケース前方についている場合が多いです。

 

写真は3台ついています。

まずハードディスクにつながっているケーブルを取り外します。

 

ケーブルは2本あり、信号ケーブル電源ケーブルがあります。

 

SATAIDEかで形状の違いはありますが、やることは同じです。詳しく知りたい方はこちら→HDDの種類(IDEとSATAの違い)

2本とも外します。

 

固い場合もありますが、慎重に取り外しましょう!

ケーブルが外れたら次にハードディスクの本体を取り外していきます。

 

ハードディスクはドライバー1本で取り外すことができます。

ハードディスクは片側2本のネジで留まっています。

 

反対側のネジも外します。

ネジとケーブルが外せたらハードディスクはフリーになっていますので、後は引き抜くだけです。

 

あちこちに当たらないように、慎重に引き抜きます。

ハードディスクが外れました!

 

デスクトップ型のパソコンですので、一般的な3.5インチのハードディスクです。

 

以上がデスクトップ型パソコンのハードディスク(HDD)の取り外し方です。

 

パソコンによって若干作業工程が違う場合もありますが、
ほぼ同じような作業でハードディスクが取り外せます。

 

ハードディスクのデータを復旧する場合、
ハードディスクの脱着作業は必ず必要になってきますので、覚えておくとよいでしょう!

 

またハードディスクは非常に振動や衝撃に弱いので、ハードディスクに限らずパソコンのパーツを扱う場合は、慎重にやさしく作業するように心がけましょう!

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDの取り外し方(ノートパソコン型)

サイトのTOPページへ

ハードディスクHDDデータ復旧緊急!ハードディスクのデータ復旧方法壊れたHDDにしてはいけないことHDDの取り外し方(デスクトップ型)HDDの取り外し方(ノート型)USB変換アダプタケーブルの使い方おすすめUSB変換アダプタケーブル ハードディスクHDDデータ復旧HDDの故障は2種類物理的な故障とは論理的な故障とは物理障害と論理障害の見分け方自分で復旧できる故障とはHDDのしくみ・構造HDDは精密機器HDDの弱点HDDの寿命・耐久性HDDは消耗品HDDを長持ちさせる方法(物理的)HDDを長持ちさせる方法(論理的)HDDのメンテナンス代表的な故障箇所HDDが故障したときの症状HDD故障のチェック方法HDDデータ復旧ソフトバックアップの重要性ハードディスクHDDデータ復旧HDDデータ復旧業者の方法HDDデータ復旧業者はなぜ高いのか?

 

管理人へのお問い合わせはこちら→