ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDは精密機器

HDDは精密機器について

 こちらのページでは、PCパーツの中で最もデリケートなパーツであるハードディスクについて、 HDDは精密機器という意味をわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 ハードディスクは非常に精密にできているということは皆さんご存知だとは思いますが、
具体的にはどのくらい精密なのかご存知でしょうか?

 

ご覧の写真はハードディスク内のヘッドディスクです。
ディスクは1分間に7200回転〜10000回転というものすごいスピードで回転しています。そのディスクの上を、ヘッドはディスク表面からなんと※10nm以下、すなわち0.00001mmのところを飛んでいます。 *ナノメートル : 1nmは10億分の1m

 

0.00001mmという数字がどの程度のものかイラストで見てみたいと思います!

ご覧のようにディスクとヘッドの隙間はタバコの煙よりもさらに小さな隙間を保っています。
しかも高速で回転するディスクの上を、ヘッドは0.00001mmの隙間を保ちながら移動するわけですから、かなりの精密さです。

 

ハードディスクはこのように精密にできていますので、ハードディスクを分解する際は、データ復旧業者などはホコリ1つないクリーンルームで作業します。ですので素人が自分の部屋でハードディスクを分解するなんて、百害あって一理なしなのです!

 

ハードディスクがいかに精密かイメージできましたでしょうか?

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDの弱点

サイトのTOPページへ