ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDの弱点

HDDの弱点について

 こちらのページでは、最もデリケートなPCパーツである、
HDD弱点についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 ハードディスクは壊れやすいとかやさしく扱わなければいけないと言われますが、
それはハードディスクの構造上仕方のないことなのです。
ハードディスクの弱点をあげてみたいと思います!

 

高温高湿下での使用

 

ハードディスクが正常に動作する許容温度は、一般的に0〜55℃の間とされています。
日本は四季があり、特に注意したいのが夏と冬です。

 

ハードディスクの温度が55℃を超えるなんてないと思っていても、
真夏の太陽が照りつける風通しの悪い部屋で、長時間パソコンを使用していると、
意外にもハードディスクの温度が55℃を超えることはあるのです。

 

デスクトップよりノートパソコンの方がハードディスクの温度が上がりやすい傾向にありますので、注意が必要です。

 

また湿度も気をつけないといけません。
木は湿気を吸うと膨張するというのは皆さん知っていますが、実は金属も湿度により膨張するのです。

 

HDDは精密機器でもお話いたしましたが、
ヘッドとディスクの隙間は0.00001mmという、人間の髪の毛よりも小さな隙間で動作しています。ハードディスク内の部品が湿度により膨張すると、ヘッドがディスクを傷つけてしまう恐れがあります。

 

振動や衝撃

 

ヘッドとディスクの隙間は0.00001mmですので、ハードディスクに振動や衝撃が加わると、ヘッドがディスクを傷つけてしまう恐れがあります。

 

 以上のように、ハードディスクには"高温多湿""振動や衝撃"が大敵なのです!
まあハードディスクに限らず、電気製品すべてに共通して言えることですが。

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDの寿命・耐久性

サイトのTOPページへ