ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDの寿命・耐久性

HDDの寿命・耐久性について

 こちらのページでは、
HDD寿命・耐久性についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 一般的にハードディスク(HDD)の寿命はだいたい4〜6年といわれています。
ハードディスクは超精密機器であり、1分間に7200回転〜10000回転というものすごいスピードで回転していますから、どうしてもこの程度の年数しか持ちません。

 

もちろん1週間に2,3回しか使わない人と毎日数時間使う人では、
寿命も変わってきますが、、、。

 

 またハードディスク(HDD)は精密機械ですから、
初期不良というものが比較的多いです。

私の経験上、30本中1本くらいは、
だいたい買ってから1ヶ月以内に壊れちゃいます(^^;)

でもこれは昔のATA系の時の話で、SATA系ではずいぶん少なくなってきている気がします。 SCSI系ではもっと少ないです。(サーバーで使われることが多い)

 

 ハードディスク(HDD)の寿命はだいたい4〜6年と言いましたが、これは一般的な話ですので、私の経験から言うと"壊れるときは壊れる"と思います。

 

ですので、やはりハードディスクは"こまめなバックアップ!"が大切です!

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDは消耗品

サイトのTOPページへ