ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDを長持ちさせる方法(論理的)

HDDを長持ちさせる方法(論理的)について

 壊れやすいハードディスクですが、大事なデータがたくさん入っていますので、 できるだけ長持ちさせたいものです。こちらのページでは、HDD長持ちさせる方法(論理的)についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 ハードディスクを論理的に長持ちさせる方法というのは、
簡単に言うと、ハードディスク内のデータを整理整頓して、無駄にハードディスクを動作させないということです。

 

データを整理整頓するには、「スキャンディスク」「デフラグ」という機能を使います。
詳しいやり方はHDDのメンテナンスでご紹介しております。

 

スキャンディスクは、Windowsが自動的にハードディスク内部をチェックしてくれ、もしも壊れている部分などがあれば自動的に修復作業を行ってくれます。

 

デフラグは、バラバラになったデータを整理整頓し、データへのアクセスを容易にしてくれますので、ハードディスクが無駄に動作せずに済みます。

 

スキャンディスクとデフラグはWindowsに標準搭載されていますが、標準搭載されているものは作業時間が長時間に及び使いにくいのも事実です。

 

そこで便利なソフトが" すっきり!!デフラグ"です!


「 すっきり!デフラグ 」は作業時間を短縮するため、Windowsが立ち上がった直後、 スタートアップが立ち上がる前の状態でデフラグを行える機能を搭載している為、 ただでさえ時間の掛かるデフラグの時間を短縮することができます。

 

その他、デフラグ終了時に自動でパソコンの電源を切るデフラグ終了と同時に自動でウイルス検索を実行させる機能初心者にうれしい対話形式の「ウイザードモード」など、初心者でもわかりやすくスキャンディスクとチェックディスクが行えます。

 

フリーソフトですので、ハードディスクのデータを整理して、 ハードディスクを長持ちさせましょう!ただしやりすぎると逆効果ですので、月に1回くらいにしておきましょう!

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDのメンテナンス

サイトのTOPページへ