ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

代表的な故障箇所

代表的な故障箇所について

 こちらのページでは、
HDD代表的な故障箇所についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 ハードディスクは消耗品とよくいいますが、故障といってもハード的な故障ソフト的な故障があります。こちらのページでは、ハード的な故障でよく壊れる部分をご紹介したいと思います(^^)

 

 

ハードディスク内部はご覧の写真のようになっています。
代表的な故障箇所は下記です。

 

振動や衝撃により磁気ヘッドが磁気ディスクを傷つける

経年劣化によるスピンドルモーターの磨耗

アームを動かすアクチュエーターの劣化

磁気ヘッドの磨耗

 

磁気ディスクは毎分7200回転〜10000回転しています。
その磁気ディスクの動力であるスピンドルモーターも当然劣化してきますし、
データを書き込むヘッドやアームを動かすアクチュエーターも劣化してきます。

 

このようにハードディスクのハード的な故障では、
実際に可動している部分が磨耗したり劣化したりして、故障しやすい箇所になっています。

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDDが故障したときの症状

サイトのTOPページへ