ハードディスク(HDD)のデータ復旧方法

HDDが故障したときの症状

HDDが故障したときの症状について

 こちらのページでは、
HDD故障したときの症状についてわかりやすく解説しております(^^)

 

 


 

 一口にハードディスクの故障といっても、
ハード面が壊れる物理障害と、ソフト面が壊れる論理障害があります。
この2つの障害は症状が似通っており、見分けがつきにくいものです。

 

下記にハードディスクがなんらかの故障をしたときにでる症状をあげてみました!

 

「カタカタ」や「ブーン」「ジャー」などの異音がする

焦げ臭いにおいがする

エラーメッセージがでてWindowsが立ち上がらない

勝手に電源が落ちる

勝手に再起動する

頻繁にスキャンディスクをする

よくフリーズする

ファイルのコピーや保存ができない

フォーマットを要求される

開けないアプリケーションがある

開けないファイルやフォルダがある

動作が異常に遅くなる

 

たくさんあげましたが、上記のどれかの症状が現れた場合は、
ハードディスクが故障している、 または故障しかけている可能性が高いです。

 

このような場合は無理にいろいろと試みず、
まずは緊急!ハード ディスクのデータ復旧方法で、データを救出しましょう!

 

(株) ピーシーキッド

この会社は東京に本社を構え、20年以上データ復旧を専門にし、大手企業からの依頼による実績も多数ある信頼できるデータ復旧業者です!もしご自分でデータ復旧ができないと判断したら、まずは無料見積もりをとってみましょう!大切なデータはお金には代えられませんから(^v^)

 

ページの一番上へ>          次のページ→HDD故障のチェック方法

サイトのTOPページへ